shakkin.jpg

誰だって急にお金が必要になることはあります。
お金は冠婚葬祭や怪我や入院などで今すぐ入り用になったりするものです。

こんなに便利な世の中なので、いつでもすぐにこんな風にお金の工面は可能です。
お役立ちサイト→年末年始に消費者金融でお金を借りたい人のためのサイト

そんな時に強い味方になってくれる賃金業者ですが、
初めは1度だけというつもりで借り入れしても、
1度借りてしまえばお金を借りることに抵抗がないようになってしまうのです。

そうすると借りては返しの繰り返しになりますし、
借金の限度額に達してしまえば、また新規の賃金業者と契約して
お金を借りるスパイラルに陥ってしまう人も多いのです。

借金グセというのはなかなか直らないものですし、
これで最後と思っていても手元にお金がなくなるとほとんどの人が賃金業者を頼ってしまう傾向にあります。

もし、借金を繰り返すようであれば専門家に債務整理を依頼してみるのも手段のひとつです。

債務整理をすることで今までの借金が0になる、また減額できるなどのメリットもあります。

また、専門家が債務整理を受任した時点で、賃金業者からの取り立ては一切ストップしますので、
精神的な負担も随分と軽減するはずです。

債務整理をすると一定期間は賃金業者からお金を借りることもできませんし、
また日本貸金業協会に貸付自粛依頼を届け出ると約5年間はお金を借りれない状態になります。


貸付を行ったお金があるときには、借金している側にしてみれば、
そのまま返済することなく時効が成立する可能性があります。


しかし、借金に関する消滅時効というものは、そのまま放置しておくだけで成立するわけではなく、
時効を成立させるために借金をしている側の人が返済する意思のないことを宣言して、
時効の援用をしなければなりません。

従って、借金の消滅時効を成立させるための援用をしなければ、
貸付を行った側の債権者は返済を請求できます。

債務者が時効を援用を行うための内容証明郵便の送付を行っていない段階であれば、
返済の請求をして債務の承認を行うことで時効の中断ができます。

借金を返済してもらえないときには、
債務弁済承認契約書を作成することで債務を復活させることが可能です。

時効の中断方法としては、
内容証明郵便でお金を返済してほしい旨を記載している書類を郵送する「催促書類の提出」の方法や、
支払い約束書類にサインしてもらうことや、債務の一部を弁済してもらうなどの「債務の承認」を行うこと、
訴訟や支払督促を行うことで強制的に「差し押さえ」を行う方法があります。

時効を中断させた後においても、
その中断事由が無くなることで再び時効の再開が始まってしまいますので、
5?10年経過することで借金が消滅してしまうことを把握しておく必要があります。


借金の時効は、5年もしくは10年です。

その期間は借入先によるのでよく確認が必要です。

銀行、消費者金融、信販会社などの金融機関からの借金については、期間は5年です。

しかし、信用金庫からの借金の場合には10年であることには注意が必要です。

その期間中に一度でも返済をしてしまうと、時効の期間がリセットされてしまいます。

1円でも返済をしてしまうと返済の意思表示をしたことになります。

もちろん、書面で「返済します」といった内容のサインをした場合にも返済の意思表示があったことになります。

金融機関から内容証明郵便での催告が来ると、6ヶ月の間時効が中断されます。

その間に裁判を起こされて、債務が確定してしまうと、
完全に中断がされて、さらに時効が10年まで延長されます。

裁判によって確定した債権の時効は10年だからです。

5年もしくは10年の期間が経過しても、時効の援用をしないと借金がなかったことにはなりません。

時効の援用をする前に借金を1円でも返済してしまったら、
時効がまたゼロからスタートすることになってしまいます。

金融機関もプロですので、基本的には借金が時効で消滅することはありません。

債務整理などの方法をとったほうが、デメリットが少なくてすむでしょう。

在籍確認なしのキャッシングならモビットWeb完結がダントツ!という便利な業者が増え、
気軽にお金を借りる人が増えてきている時代です。

そしてそんな風に借金があっても、生活保護の申請をすることは可能なんです。

しかし、申請拒否の理由にはなるので、
自己破産をして借金をゼロにしておいたほうがスムーズに手続きが進められるでしょう。

生活保護は最低限の生活を営むために大切な国の税金から出ているものですので、
借金返済に利用することは基本的にできません。

役所の懸念として、借金がある人に生活保護を受けさせてしまうと、
借金返済に利用されてしまうということがあります。

しかし、借金がある状態で生活保護に申し込みをしても、
自己破産をするように指導をされることが多いですが、申請自体は受け付けてもらえます。

生活保護でもらったお金を借金の返済にあてることはできないので、
自己破産などの債務整理をして借金問題は自分で解決しなければなりません。

もしも借金の返済を続けていたことがバレると、保護を停止されてしまうこともあります。

自己破産をする場合、弁護士費用も別にかかってきますが、
そのお金については生活保護のお金から出しても問題がないようです。

弁護士費用はそれなりに高額であり、月に5千円程度の負担にはなるので、
なるべく自分で問題を解決してから生活保護を受けるようにすることがおすすめです。

まずは弁護士などに相談をしてみましょう。

shakkin2.jpg


複数業社からの借り入れを行っている場合には、
借金の返済が困難になる確率が高くなります。

この理由としては、複数の返済日が存在することで、計画的返済が行えないということと、
また小口で借入れている場合には、総額に対して金利が高くなるといったことがあります。

特に消費者金融などは金利が高いため小口で複数の業社から借りると、
それだけ余分な金利を支払うことになりますし、
返済がままならなくなると返済が遅れてくるなど悪循環に陥ります。

この悪循環が進みどうにもならない状態になると債務整理という手段をとることになります。

しかし、債務整理を行う前に、借金の計画的返済ができるのが、おまとめローンです。

キャッシングしたい主婦にも人気のおまとめローンは、
複数ある借金を一つにまとめることができるローン商品のことであり、
銀行や消費者金融などが提供しています。

メリットとしては、債務整理とは異なり信用情報に事故情報が登録されないということです。

また一本化できれば返済日も減らすことができますし、金利そのものを下げることが可能ですし、
また月々の返済額を減らして負担を軽減するといったことも可能です。

それにおまとめローンの場合には、債務整理とは異なり、
新たな借金をすることが可能という点があります。